×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

テールランプとは

テールランプは、車の後ろについているランプのことです。ヘッドライトと連動して点きます。ブレーキを踏むと付く「ブレーキランプ」と兼用になっていることが多く、ブレーキランプはヘッドライトをつけなくても、ブレーキを踏むといつでも点灯します。テールランプは夜など走行しているときに後ろを走る車に前に車が走っていることを知らせるためのものです。テールランプはブレーキランプ(ストップランプ)と兼用の場合には、ブレーキをかけた時により明るく点灯します。テールランプには、内側に反射板(リフレクター)が付いていて、後方車両のヘッドライトに照らされると光を反射して赤く光り、夜間の駐停車時など点灯していない場合にも反射して知らせる役割をはたす機能。テールランプの点灯は、ヘッドランプと連動することが義務づけられているようです。

テールランプの部品

テールランプの中身の構造は、カバーの部分(電球を守る、覆う)があり、中の電球が点いて知らせます。テールランプは、LEDテールランプ、LEDが使われるようになってきています。カバーは通常はプラスチック製で透明や赤色が多くしようされています。テールランプは他のランプ(方向指示器やバックを知らせるバックランプ)も組み込まれた構成になったものが多く、テールランプは自動車の外装のデザインの一部になっています。テールランプを自分好みにドレスアップする人もいます。そのテールランプのドレスアップの人気の理由は、いままで、赤色のテールライトカバーのみが許可されていましたが、無色のバルブ(LEDなど)であっても、発光時に赤色の光を発生させることができれば適法となったためにテールランプをドレスアップする人気がでています。

LEDテールランプ

テールランプLEDの人気が出てきているのは発光ダイオードが開発されたからです。日本では「バルブ」を「光源」の意味と、とらえているようです。「LEDバルブ」と表現されることがあるがLEDとは厳密な意味ではバルブとは表現しないようです。LEDテールランプの発光ダイオードとは、LEDと略されていますが、Light Editting Diodeの頭文字をとった文字になります。LED テールランプの発光ダイオードは半導体で出来ていて、電球や蛍光灯よりも優れた機能(消費電力の低減、長寿命など)の性能が注目されています。信号機にも導入されているようです。テールランプの発光源に活かせれています。テールランプのLEDテールランプ説明。

Copyright © 2009 テールランプはLEDテールランプにしよう!